東京都南麻布、広尾駅徒歩5分

波動測定サロン・アルモニアです。

野菜は、国産の物を選ぶ

という人は多いと思います。

実は、

日本の野菜が、

危険だとご存知の方は、

どのくらいるのでしょうか・・・?

なんと、日本の農薬使用量は、

世界1,2位を、争うレベルなのです。

世界地図で見ると

小さな国、日本。

しかし、

農薬使用量は、

世界1、2位を争っています。

特に毒性が強いと言われている

「ネオニコチノイド」系の農薬は

虫の脳に働きかけて、

興奮させ続ける事で

殺す農薬です。

神経毒で虫を

「狂い死に」

させる農薬です。

海外では、

脳の中枢部に作用する点を重く見て、

使用を禁止している国も

あるほどです。

同じように、

グリホサート系の農薬、

「ラウンドアップ」は

発がん性あることが指摘されています。

有機リン系の農薬は神経や、

呼吸器に支障をきたします。

残念なことに

それでも、

日本は野放し状態です。

それどころか、

最近では、

スーパーや、

ホームセンターなどでも

簡単に、

そんな毒性の強い除草剤、

農薬を

手に入れることが、

できるようになってしまいました。

波動測定でも、

農薬が原因で

身体に神経毒が

溜まっている人も

増えています。

農薬が身体に入ると

人間も神経が侵されるので

原因不明の倦怠感や

イライラとなって現れます。

ですので、

「日本の野菜は安全」

という思い込みは捨てましょう。

例えば

イチゴは果物の中でも

無農薬栽培が難しいと言われています。

<イチゴの平均農薬使用回数>

栃木県産・・・52回

福岡県産・・・63回

長崎県産・・・65回

南の地域ほど使用回数が多いのは

温暖な気候が関係しています。

ちなみに

リンゴの場合ですと

平均農薬使用回数・・・36回

農薬や化学肥料は、

数回に分けて散布されるため

野菜や果物の隅々まで、

しっかりとしみ込んでいます。

色も濃く、

形も整っている野菜。。。

本当ならば、

私達ひとりひとり、

姿かたちが違うように、

野菜だって、

大きさや、

色味もバラバラであるのが自然です。

やはり、

農薬は

強力な神経毒なので、

摂取は控え、

自然栽培の野菜を取り扱っている、

信頼できるお店で

農薬や、

化学肥料に、

まみれていない、

健康な野菜を選んで下さい。

それも難しい時は

うつみんのセレクトショップ

「ほたて洗いたい放題」で

農薬を取り除いてから

お召上がりくださいね↓

https://utsumin.com/products/detail.php?product_id=23

波動測定サロン・アルモニアの

ご予約、お問い合わせはこちら↓

ご予約・お問い合わせ

及川 三由紀

東京生まれ。
JAAアロマコーディネート協会インストラクター
セラピスト
NESセラピープラクティショナー
25年間、美容医療施設でエステを担当。
ナチュラル&ハーモニックスクールで、自然と人との調和を学ぶ。
現在、セラピスト、NESプラクティショナーとして、身体の不調和を見ていきながら、「身体と心と自然との調和」をモットーに、心、体、アロマ、ハーブ、食事、生活環境、植物等を統合した、自然と調和した暮らしを伝えている。

The following two tabs change content below.
及川 三由紀
東京生まれ。 JAAアロマコーディネート協会インストラクター セラピスト NESセラピープラクティショナー 25年間、美容医療施設でエステを担当。 ナチュラル&ハーモニックスクールで、自然と人との調和を学ぶ。 現在、セラピスト、NESプラクティショナーとして、身体の不調和を見ていきながら、「身体と心と自然との調和」をモットーに、心、体、アロマ、ハーブ、食事、生活環境、植物等を統合した、自然と調和した暮らしを伝えている。
及川 三由紀

最新記事 by 及川 三由紀 (全て見る)