東京都港区南麻布

広尾駅徒歩5分。

波動測定サロン・アルモニアです。

さて、そろそろ蚊が現れたり、

みなさんの苦手な「G」とバッタリ

というハプニングの季節ですね♪

そこで、

虫よけ、

特に、ゴキブリが「苦手」と

するものはこれ!

★ハーブの匂い

ゴキブリに限らず、

そもそも人間以外の

生き物はハーブの匂いが苦手。

ハッカや、ラベンダーなど

刺激の強い匂いを特に苦手とし、

ゴキブリ以外にも

虫を寄せ付けない効果があります。

逆に、

甘い匂いは

ゴキブリを引きつける効果があるので

注意が必要です。

★柑橘系の匂い

ゴキブリは、

オレンジや、レモンに含まれる

「d-リモネン」という成分が苦手。
レモン汁をかけると

体がマヒしてしまうほどです。

★塩

ゴキブリは

塩とマーガリンは

食べないと言われています。

置いても

呼び寄せるエサになることがないため、

予防線を張るための

材料として使えます。

玄関や、トイレに置けば、

邪気払いになりますよ。

★ 低温・高温・乾燥

ゴキブリは

寒い環境が大の苦手。

20度以下だと

卵が孵化できず、

摂食行動もしなくなります。

だから

北海道にはゴキブリがいないと

言われているのですね。

50度以上の高温にも弱いので、

熱いお湯で殺虫できます。

また乾燥にも弱く、

水がない環境では

長時間生きていられない種類の

ゴキブリもいるほどです。

では、

ゴキブリの出現を予防するには?

1、ハッカ油スプレーを吹きかける

ゴキブリは、

ハッカや、レモン、ラベンダーなどの

ハーブの匂いが苦手。

ゴキブリが出そうな場所や、

玄関付近や、エアコン周りなど

ゴキブリの侵入経路に、

ハッカ油と水を混ぜて作った

「ハッカ油スプレー」を吹きかけます。

私は拭き掃除のときに、

「ハッカ油」と「EM菌」を混ぜた

スプレーで、シュッシュしてから

拭いています。

その日の氣分で

ラベンダーやレモンを加えたり

楽しんでいます。

スッキリしますよ。

生ゴミ置き場など、

ゴキブリが出そうな場所に

吹きかけておくだけでも

出会わなくなりました。

2、アロマをたく

アロマディフューザーなどを使って

アロマを焚くことも

ゴキ予防になります。

ゴキブリが特に嫌う香りは、

「ラベンダー」

「ペパーミント」

「レモン」

これらのアロマオイルを、

ゴキ対策に活用しましょう。

3、 盛り塩にアロマオイルを

垂らしたものを置く

ゴキブリが

嫌いなアロマオイルを

ゴキブリが唯一食べない

「塩」に垂らします。

作り方は簡単。

塩にアロマオイルを混ぜるだけ。

それをゴキブリが出そうな場所に

置いておくことで

ゴキブリの侵入を防ぎます。

インスタグラムやっています↓

https://www.instagram.com/armonia_oikawa/?hl=ja

波動測定サロン・アルモニアの

ご予約お問い合わせはこちら↓

ご予約・お問い合わせ

及川 月儸(がら)

東京生まれ。

JAAアロマコーディネート協会インストラクター

NESセラピープラクティショナー

アクセサリー作家

25年間、美容医療施設でエステを担当。
ナチュラル&ハーモニックスクールで、自然と人との調和を学ぶ。
現在、セラピスト、NESプラクティショナーとして、身体の不調和を見ていきながら、「身体と心と自然との調和」をモットーに、心、体、アロマ、ハーブ、食事、生活環境、植物等を統合した、自然と調和した暮らしを伝えている。

The following two tabs change content below.
及川 月儸(がら)
東京生まれ。 JAAアロマコーディネート協会インストラクター NESセラピープラクティショナー アクセサリー作家 25年間、美容医療施設でエステを担当。 ナチュラル&ハーモニックスクールで、自然と人との調和を学ぶ。 現在、セラピスト、NESプラクティショナーとして、身体の不調和を見ていきながら、「身体と心と自然との調和」をモットーに、心、体、アロマ、ハーブ、食事、生活環境、植物等を統合した、自然と調和した暮らしを伝えている。
及川 月儸(がら)

最新記事 by 及川 月儸(がら) (全て見る)