東京都港区南麻布、広尾駅徒歩5分

波動測定サロン・アルモニアです。

女性は可愛く、

控え目であるべき。。。

男は強く

たくましくあるべき。。。

そんな「女らしさ」

「男らしさ」の

“呪い”で

生きづらくなっていませんか?

「“○○らしさ”」よりも

「“自分らしさ”」が

大切ではないですか?

日本では、

女性は「主張しない、でしゃばらない」

が良しとされます。

書店の子育て本コーナーでは、

「男の子の育て方」

「女の子の育て方」みたいな本が、

かなり出回っています。

でも、「ホメる」や

「叱る」場面で、

男の子と、

女の子で、

やり方を変えなきゃいけない理由も、

分からなければ、

そうした方が良い根拠も薄弱です。

海外では、

男女別のホメ方なんて、

聞いたこともありません。

そして、

「女の子らしく、おとなしくしなさい」

「でしゃばっちゃだめよ」

「男の子だから泣いてはダメ」

「男なのに情けない子ね」と

繰り返し言われているうちに、

慎重に行動するようになります。

「女だから、おとなしくしなければ」

「男だから、感情を出してはいけない」と

本来の自分自身を

抑えるようになるのです。

だって、そのように育てられてきたのですから。

女の子は、こうあるべきと思うから、

結婚に焦ったり、

彼氏がいない自分を、

卑下したりしてしまうのでしょう。

「出しゃばったり、

目だったりするといじめられるから、

目立たず静かに」

と育てられた人がいました。

自分のやりたいことも、

やる前から親に

「あなたには向いていない」と

親に言われたので、

諦め。。。

親の理想の子供を、

演じて生きていました。

全身アトピーになりながら。。。

コツコツと

波動セラピーをやっていくうちに、

「自分はこれが好きなんだ」

「やりたくない事は

やらなくてもいいんだ」

「好きな色の服を着てもいいんだ」

と、自分の気持ちを

取り戻していきました。

すると、笑顔になり、

服の趣味から、

身に着ける色から、

ヘアスタイルから

ガラリと明るく個性的に、

変わっていきました。

そう、自分を取り戻したのです。

自分らしさが蘇ってきました。

みんなから好かれる人は

存在しません。

個性的であるということは、

その個性を

大好きな人もいれば

大嫌いな人も

存在するということです。

人それぞれで良いのです。

「目立ってはいけない」を

サラリと流し、

自分らしく自然体で

「アンチがいるのは人氣の証拠!」

ぐらいの気持ちで、

そのまま突っ走っていいのです。

だって、自分の人生なのですから。

波動測定サロン・アルモニアの

ご予約、お問い合わせはこちら↓

ご予約・お問い合わせ

及川 月儸(がら)

東京生まれ。

JAAアロマコーディネート協会インストラクター

NESセラピープラクティショナー

アクセサリー作家

25年間、美容医療施設でエステを担当。
ナチュラル&ハーモニックスクールで、自然と人との調和を学ぶ。
現在、セラピスト、NESプラクティショナーとして、身体の不調和を見ていきながら、「身体と心と自然との調和」をモットーに、心、体、アロマ、ハーブ、食事、生活環境、植物等を統合した、自然と調和した暮らしを伝えている。

The following two tabs change content below.
及川 月儸(がら)
東京生まれ。 JAAアロマコーディネート協会インストラクター NESセラピープラクティショナー アクセサリー作家 25年間、美容医療施設でエステを担当。 ナチュラル&ハーモニックスクールで、自然と人との調和を学ぶ。 現在、セラピスト、NESプラクティショナーとして、身体の不調和を見ていきながら、「身体と心と自然との調和」をモットーに、心、体、アロマ、ハーブ、食事、生活環境、植物等を統合した、自然と調和した暮らしを伝えている。
及川 月儸(がら)

最新記事 by 及川 月儸(がら) (全て見る)