東京都南麻布、広尾駅徒歩5分

波動測定サロン・アルモニアです。

女性であれば、

誰もが使う基礎化粧品。

お化粧水、乳液、

クリーム、美容液、

アイクリーム、パック、等々。

高級なお化粧品を使っても、

「肌が乾燥する」

「塗っても塗っても潤わない」

「年のせいかしら?・・・」

そんな事ありませんか?

「皮膚は酸性に、血液はアルカリに」

という言葉は、

化粧品会社から

始まった言葉だそうです。

そして、

大企業の化粧品業界は、

それを利用して、

アミノ酸を、

せっけんや、

合成洗剤や、

化粧水に混入しました。

アミノ酸といえば、

味の素ですが、

アミノ酸の弊害は

実は食品だけではありません。

アミノ酸から作った、

合成洗剤を、

「酸性のせっけん」

と言っています。

つまり、酸性のせっけんと、

うたっているものは

合成洗剤と同じです。

最近は、

アスタキサンチンという、

酸化防止剤を

添加した化粧品が、

肌を若返らせるという

宣伝もできました。

カニをゆでると赤くなるのが、

この親油性の赤い色素なのですが、

本来化粧水にはとけません。

化粧水に溶かすには、

界面活性剤という薬品を

溶解剤として

使わなければなりません。

この界面活性剤が

皮膚のバリア機能を壊す結果になります。

お化粧水や、

美容液など、

親水性のお化粧品にはとけませんし、

ナノ化で、

どんなに微粒子化しても

皮膚には浸透できません。

それは、

皮膚は、バリア機能を持っているからです。

特に、保湿化粧品には、

強い界面活性剤が

配合されています。

「両手でおさえていると、化粧水が、皮膚に

しみとおっていくのがわかる」

という感想がありますが、

あれは、

界面活性剤のためです。


皮膚が、若返るように見えているのは、

結局皮膚を、水ぶくれにして、

若返ったように見せかけているだけです。

それが、

合成洗剤の材料でもある、

界面活性剤の作用です。

ほかにも

美容液、乳液、パックなど

皮膚に、水がしみこむお化粧品は、

必ず界面活性剤を使用しています。

それらは、

皮膚のバリア作用を壊します。

だから、

「塗っても塗っても乾く」

という事がおこるのです。

お化粧品は

シンプルで良いのですよ。

インスタグラムやっています↓

https://www.instagram.com/armonia_oikawa/?hl=ja

波動測定サロン・アルモニアの

ご予約、お問い合わせはこちら↓

ご予約・お問い合わせ

及川 月儸(がら)

東京生まれ。

JAAアロマコーディネート協会インストラクター

NESセラピープラクティショナー

アクセサリー作家

25年間、美容医療施設でエステを担当。
ナチュラル&ハーモニックスクールで、自然と人との調和を学ぶ。
現在、セラピスト、NESプラクティショナーとして、身体の不調和を見ていきながら、「身体と心と自然との調和」をモットーに、心、体、アロマ、ハーブ、食事、生活環境、植物等を統合した、自然と調和した暮らしを伝えている。

The following two tabs change content below.
及川 月儸(がら)
東京生まれ。 JAAアロマコーディネート協会インストラクター NESセラピープラクティショナー アクセサリー作家 25年間、美容医療施設でエステを担当。 ナチュラル&ハーモニックスクールで、自然と人との調和を学ぶ。 現在、セラピスト、NESプラクティショナーとして、身体の不調和を見ていきながら、「身体と心と自然との調和」をモットーに、心、体、アロマ、ハーブ、食事、生活環境、植物等を統合した、自然と調和した暮らしを伝えている。
及川 月儸(がら)

最新記事 by 及川 月儸(がら) (全て見る)