東京都港区南麻布、広尾駅徒歩5分

波動測定サロン・アルモニアです。

「抱き癖」という言葉がありますが、

これは、子育ての上で、

最もよくない言葉の、代表格です。

子どもは

抱っこしたほうが良いのです。

それは肌を触れ合わせること、

自分が、

支えてもらっていることを、

感じさせる重要性であり、

胎内記憶にも通じるものがあります。

これらは、

研究上も示されていることが、

いくつかあります。

肌を触れ合う時間が

長い親子や、

民族は、

トラブルが少なく、

攻撃的になりにくく、

平和な考え方を、

持ちやすいことがわかっています。

子どもは、

「抱っこする」ということが

とても重要であり、

抱っこできない年齢になったら、

今度は肩車など、

思春期に至るまで、

触れるということが重要です。

自我が形成されてきて

最初の記憶が形成される

この時期は、

親に抱っこしてもらったり

触れてもらうことの、

重要性が問われています。

親自体にも、

好影響を及ぼしますし、

長期的な、家族関係にも、

必ず役立ちます。

子どもは、

もっと抱っこすることが大事なのです。

波動測定サロン・アルモニアの

ご予約お問い合わせはこちら↓

ご予約・お問い合わせ

インスタグラムも見てね↓

https://www.instagram.com/armonia_oikawa/?hl=ja

及川 三由紀

東京生まれ。

JAAアロマコーディネート協会インストラクター

NESセラピープラクティショナー

アクセサリー作家

25年間、美容医療施設でエステを担当。
ナチュラル&ハーモニックスクールで、自然と人との調和を学ぶ。
現在、セラピスト、NESプラクティショナーとして、身体の不調和を見ていきながら、「身体と心と自然との調和」をモットーに、心、体、アロマ、ハーブ、食事、生活環境、植物等を統合した、自然と調和した暮らしを伝えている。

The following two tabs change content below.
及川 三由紀
東京生まれ。 JAAアロマコーディネート協会インストラクター NESセラピープラクティショナー アクセサリー作家 25年間、美容医療施設でエステを担当。 ナチュラル&ハーモニックスクールで、自然と人との調和を学ぶ。 現在、セラピスト、NESプラクティショナーとして、身体の不調和を見ていきながら、「身体と心と自然との調和」をモットーに、心、体、アロマ、ハーブ、食事、生活環境、植物等を統合した、自然と調和した暮らしを伝えている。
及川 三由紀

最新記事 by 及川 三由紀 (全て見る)