東京都港区南麻布、広尾駅徒歩5分

波動測定サロン・アルモニアです。

日本でも最近、

ADHDの子供たちが

増えてきていると言われていますが、

本当にADHDなのか?

きちんと考えてみることが必要です。

海外を見てみると、

なぜ、フランスの子供は

「ADHD発症率」が圧倒的に低いのか。。。

アメリカでは、

学校へと通う子供たちのうち

9%がADHDに悩み、

精神科で治療を受けています。

一方フランスでは、

その割合は0.5%以下。

なぜ、こんなにも大幅に、

低い数字となっているのでしょうか。

2つの国に

「ADHDは生理学的な神経の病気ですか?」

という質問をすると、

それぞれ違う答えがかえって来ます。

アメリカの小児精神科医の認識では、

生物学的な原因による、

生物学的な症状だと主張します。

そのため、

治療方法には症状をカバーするために

向精神薬であるリタリンや、

アデロールによる化学療法が行われます。

しかしフランスはというと、

その原因は、

社会的な状況や

環境にあると考えられているため、

化学療法に頼る前に、

子供たちの心を圧迫しているであろう

精神的原因を、

捉えることに重きが置かれています。

そのため、

治療法には、

化学療法ではなく

心理療法や、

家族へのカウンセリングが用いられます。

フランスの小児精神科医では、

子供たちの感情的な課題に対して、

アメリカのシステムを

使用することはありません。

そもそも、フランスでは

社会的な問題を突き止めることで、

精神的な問題を解決できているため、

ADHDと診断されるケースが

とても少ないということも。

一方、

アメリカの医療システムである

「精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)」では

病気として捉えられており、

その原因となっている物事には

目を向けられないこともあります。

ADHDではない子供にまで、

その診断を下してしまっている傾向や、

必要がないはずの

化学薬品による治療が、

行われることも見受けられます。

食事との関係について

さらに、フランスの医学では、

栄養学と、症状への

関連性も検討されています。

特に、

子供たちの症状を悪化させるものとして、

合成着色料や防腐剤、

アレルギー性のあるものが挙げられています。


実際、食事に関する問題を解決することで

症状を改善できるケースも多いそうです。

しかし、アメリカではというと、

食事の内容と、

子供たちの態度の間にある関係性は

あまり考えられていません。

2つの国では、

教育に対する哲学も大きく違っています。

フランスにおける

病気の捉え方や、

子供たちの教育の仕方には、

学べる部分が、多くあるのかもしれませんね。

波動測定サロン・アルモニアの

ご予約、お問い合わせはこちら↓

santo-armonia.com/?page_id=1397

及川 三由紀

東京生まれ。

JAAアロマコーディネート協会インストラクター

NESセラピープラクティショナー

アクセサリー作家

25年間、美容医療施設でエステを担当。
ナチュラル&ハーモニックスクールで、自然と人との調和を学ぶ。
現在、セラピスト、NESプラクティショナーとして、身体の不調和を見ていきながら、「身体と心と自然との調和」をモットーに、心、体、アロマ、ハーブ、食事、生活環境、植物等を統合した、自然と調和した暮らしを伝えている。

The following two tabs change content below.
及川 三由紀
東京生まれ。 JAAアロマコーディネート協会インストラクター NESセラピープラクティショナー アクセサリー作家 25年間、美容医療施設でエステを担当。 ナチュラル&ハーモニックスクールで、自然と人との調和を学ぶ。 現在、セラピスト、NESプラクティショナーとして、身体の不調和を見ていきながら、「身体と心と自然との調和」をモットーに、心、体、アロマ、ハーブ、食事、生活環境、植物等を統合した、自然と調和した暮らしを伝えている。
及川 三由紀

最新記事 by 及川 三由紀 (全て見る)