砂糖や甘味料は、身体によくないという事は

ご存知の方も多いと思います。

例えば

虫歯になる一番の原因は、

お菓子、ジュース、アイスクリームだったりします。

砂糖は、数ある食品の中でも

毒性が強いものです。

そう、人間の身体は

もともと、

砂糖を摂るようには作られていないのです。

また、甘いものによって

精神が冒されます。

それは

白砂糖は、ミネラルを全く含んでおらず

代謝の過程で、体内のミネラル、特にカルシウムや

ビタミンなどを使ってしまうからです。

また、砂糖は

「直接糖」と「間接糖」の2種類あります。

直接糖は、ブドウ糖や砂糖、果糖などがあり、

身体に直接に糖として働き

血糖値を上げる糖です。

間接糖は、

身体の中で分解を繰り返して糖となります。

食品では、玄米などがそうです。

白米はどちらかというと、直接糖に近いのです。

最近、問題視されている糖分に

「異性化糖」「異性化液糖」があります。

これは、科学的に作り出した

ブドウ糖や果糖のことです。

どんな食品に入っているか見ていくと

清涼飲料水、パン、缶詰、乳製品、アイスクリームなどに

入っていることが多く、

成分表示は

「果糖ブドウ糖液糖」「ブドウ糖果糖液糖」「砂糖混合異性化液糖」

などと表示されます。

異性化糖の原料のほとんどが

遺伝子組み換えトウモロコシです。

アメリカでは、2009年、全米の公立小中学校で

自動販売機での糖分入りソーダの販売を禁止しました。

また

アメリカの研究のデーターで

砂糖の摂取を減らしたグループと

普通食のグループの行動を比べたところ

砂糖の摂取を減らしたグループは

普通食のグループに比べ

反社会的行動が46%低下しました。

特に暴力は82%減、盗みは77%減と激減しました。

砂糖だけでなく

人工甘味料も危険な代物です。

最も有名な人工甘味料は「アスパルテーム」でしょう。

アスパルテームは、脳細胞を興奮させる

「興奮性毒」であることが判明されています。

そして、アスパルテームは

ペンタゴンで、生物化学兵器使用物質の

候補としてリストアップされていたものです。

研究者の多くは

アスパルテームの、毒性について研究者は

「アスパルテームは、脳腫瘍などの

致命的な健康被害をもたらす危険性がある」

(ラルフ・G・ウォルトン博士)

「アスパルテームを猿に投与した実験で

7匹のうち1匹は死亡し

5匹はてんかん性の発作を起こした」

(ハリー・ワイズマン博士)

「アスパルテーム中の

アスパラギン酸が、子ネズミの脳に

穴をあける事を、開発者のGDサール社に報告した」

(ジョン・オルネイ博士)

このように警告を鳴らしています。


食品購入の時には、

裏の表示を見る癖をつけてくださいね。

NES波動測定セラピーでは、

身体の糖分摂取量、栄養バランスなども

15秒でわかります。



NES波動測定セラピー・アルモニアのご予約、お問い合わせはこちら

及川 三由紀

東京生まれ。
JAAアロマコーディネート協会インストラクター
セラピスト
NESセラピープラクティショナー
25年間、美容医療施設でエステを担当。
ナチュラル&ハーモニックスクールで、自然と人との調和を学ぶ。
現在、セラピスト、NESプラクティショナーとして、身体の不調和を見ていきながら、「身体と心と自然との調和」をモットーに、心、体、アロマ、ハーブ、食事、生活環境、植物等を統合した、自然と調和した暮らしを伝えている。

The following two tabs change content below.
及川 三由紀
東京生まれ。 JAAアロマコーディネート協会インストラクター セラピスト NESセラピープラクティショナー 25年間、美容医療施設でエステを担当。 ナチュラル&ハーモニックスクールで、自然と人との調和を学ぶ。 現在、セラピスト、NESプラクティショナーとして、身体の不調和を見ていきながら、「身体と心と自然との調和」をモットーに、心、体、アロマ、ハーブ、食事、生活環境、植物等を統合した、自然と調和した暮らしを伝えている。
及川 三由紀

最新記事 by 及川 三由紀 (全て見る)