東京都港区南麻布、広尾駅徒歩5分

波動測定サロン・アルモニアです。

アトピーの原因は

色々と言われます。

やれ食べ物だ、
やれ環境だ、
やれストレスだ。

どれも関係はしているのでしょうね。

さてNES波動測定の概念から。

皮膚、肌は的環境に一番触れるところ。

内側(理想)と外側(現実)の


ギャップが大きいほどストレスを感じます。

そのストレスが顕著に出る場所です。


じゃぁ、生まれつきや

子どもの頃に出るアトピーに疑問を感じますが

その根本原因は

お腹にいる頃からの


お母さんのストレスや精神状態、

また、食生活による重金属毒などの影響が


大きく関わっていると言われています。

そこで、お母さん。

親子のライフスタイルを今一度。

単純なパターンの見直しを含め


子どもとの関係を。

思うままにコントロールしていないか、


無意識に支配していないか。

ちょいと考えてみることを


オススメしたいのです。

親が、

特に母親が余裕無き状態ですと


子どもをコントロールしがちです。

自分よりも弱い立場、ということですね。

感情的になるのではなく、


心の問題を学ぶことはとても大切です。

子どものアトピーはその親も


調整していくことがポイントなんです。

もうひとつアトピーに関しては

物理的な点から


腸内環境を意識することです。

腸内は食べ物を一時的に制限することでも


体に変化を感じます。

3ヶ月の小麦粉断ちで体が軽くなり


アトピーも少しづつ回復した人もいます。

自分の体を知ったうえで


腸内を整えることも必要かもしれません。

メンタルケア、食事、親子間、


人間関係、、、

総合的に見ていくのが良いかと思っています。

さて

大人になってからの


アトピーについてもう少し。。

長い間の親子問題の蓄積が


自分形成になっていることもあり

特にメンタル的ケアが重要となります。

親との長い長い葛藤が、


大人になってから顕著に出てきます。

そして遅い思春期がやってくる(笑)

母親が子を手放せずにいると

子どもはある時から苦しくなります。


それを親のせいにできない子どもは

うつ状態になることもあります。

また、反対に親のせいにし始めると

終わらない負の連鎖が待っている。。

エスカレートすると


心も体も傷つけ合ってしまうことに。

さぁ…もう疲れました。
お互いそろそろ気付きましょう。

という身体からのメッセージ。

そう。

『人はそう変わりゃーしません。』

相手を操作できやしないんです。

親も大変だったのです。

なぜなら、同じことを自分も


親から受けていた可能性大だから。

世代を超えて連鎖する。

次の世代、自分の子どもに


同じ思いをさせますか?

その想いに尽きますね。

気付いた自分の代でストップさせましょう。

自分の足で立ちましょうよ、
立てるんですよ、と

肌を通じて
メッセージをいただいておりますよ。

と言うか、

身体を通じて自分のことを


自分が一番知ってるじゃないですか!

ってことですね(笑)

さぁ、気付きです。

何が好きで、


何が嫌いですか。

それをはっきり人に伝えられますか。

そんな自分の感情に向き合えますか。

まずは自分を大切に♪

そして


溢れた幸せを大切な人に注ぎましょう。

そう、親にもです。

季節の変わり目

アトピーさんが
また出てきたこの時期に

NES波動測定セラピーで


自分を、深いところから知りませんか。

お待ちしています。

波動測定サロン・アルモニアの

ご予約、お問い合わせはこちら↓

及川 三由紀

東京生まれ。

JAAアロマコーディネート協会インストラクター

NESセラピープラクティショナー

アクセサリー作家

25年間、美容医療施設でエステを担当。
ナチュラル&ハーモニックスクールで、自然と人との調和を学ぶ。
現在、セラピスト、NESプラクティショナーとして、身体の不調和を見ていきながら、「身体と心と自然との調和」をモットーに、心、体、アロマ、ハーブ、食事、生活環境、植物等を統合した、自然と調和した暮らしを伝えている。

The following two tabs change content below.
及川 三由紀
東京生まれ。 JAAアロマコーディネート協会インストラクター NESセラピープラクティショナー アクセサリー作家 25年間、美容医療施設でエステを担当。 ナチュラル&ハーモニックスクールで、自然と人との調和を学ぶ。 現在、セラピスト、NESプラクティショナーとして、身体の不調和を見ていきながら、「身体と心と自然との調和」をモットーに、心、体、アロマ、ハーブ、食事、生活環境、植物等を統合した、自然と調和した暮らしを伝えている。
及川 三由紀

最新記事 by 及川 三由紀 (全て見る)