東京都港区南麻布、広尾駅徒歩5分

波動測定サロン・アルモニアです。

毎年初めに


目標なんかを掲げますけども。

年の瀬には

『あれっ?何だったっけ?』

となりますよね。(断定する潔さ)

氣がつけば、軸もブレブレで


人に流されっぱなし、とか。

あるあるです。

そう、世間では

「軸がない!」といいます。

この軸、波動測定では

グラウンディングという項目があります。

そうですね。。


正直に言って

自分軸、グラウンディングって


そう簡単には

整わないと思うのですよ。

巷ではセラピーなどあり


それなりのことはやってもらえますが

人任せになると


すぐにまた元どおり。

グラウンディングには2種類あり

1.メンタル的軸
2.物理的軸

実はこの2軸が揃って


初めてグラウンディングできるのです。

メンタル的なグラウンディングは

一般的に言われるように


自分軸が整った状態であることです。

で!

物理的なグラウンディングとは??

となりますよね。

そうなんです。


ここは、

電磁波との関係なんです。

何かと登場、電磁波さん。

時代の産物、とでもいいましょうか。

身体の中の電気の流れが悪いと


帯電状態になり

体内エネルギーの流れも悪くなります。

よって不具合が起こる。

電磁波は脳に影響を与え


自律神経も乱します。

心も乱れてしまう。

うつ状態や

負の感情のスパイラルなど


流れが滞るのですね。

これでは

グラウンディングできるわけがないです。

では

どうすべきかと。

現代の住環境を考えてみると


どうしても

電気まみれ、電磁波まみれの生活。

なかなか避けて通ることが厳しい状況ですから、

工夫と、やり方が重要です。

これを解決するたくさんの方法がありますが


中でもオススメは『アーシング』です。

基本的には

裸足で大地を歩く


というものなのですが

この健康法で


長年苦しんだ病気から解放されたり

また、

精神疾患で苦しんでいた方が

快方に向かったという話を


身近なところで知っています。

地球は電気を通す大きな導体。

大地の表面が

体内に溜まった電気を地球へ放出する。

そして自然の電子を身体に取り込む。

循環する感じですね。

裸足で海辺を歩いたり


草原を歩いたりすることで

体に溜まっていた活性酸素など


滞っていた電気を流します。

日々そうしていくことで


自律神経も整い始め

体調も整い

グラウンディングにつながります。

なんてお手軽でリーズナブル♪

そう、

私たちも自然の一部ということを


忘れてはいけません。

地球とつながることは


とても自然なこと。

進化した便利なものはありがたいです。

でも、

それによって乱れたエネルギーは


ケアしていくという心構えが必要ですね。

今は寒くて裸足なんてとても!

という感じですが。。

「この寒い時期に

たまに裸足になって土を踏むと

これがまた、たまらないんですよ~」と、

医師でもあるアーシンガーさんが言ってました(笑)

わたくしも

明治神宮の宝物殿の前にある

広~い芝生でのアーシングを

やりはじめてから

効果を感じております♪

日曜は、ヨガをやっている人、

お弁当を広げてピクニックをしている人

様々な人たちが

大地の上で寛いでいます。

さぁ、

子どもの頃のように

裸足で大地を駆け回りましょう!

薬を使わない健康法と

自然からのグラウンディング!是非!

波動測定サロン・アルモニアのご予約はこちら↓

及川 三由紀

東京生まれ。

JAAアロマコーディネート協会インストラクター

NESセラピープラクティショナー

アクセサリー作家

25年間、美容医療施設でエステを担当。
ナチュラル&ハーモニックスクールで、自然と人との調和を学ぶ。
現在、セラピスト、NESプラクティショナーとして、身体の不調和を見ていきながら、「身体と心と自然との調和」をモットーに、心、体、アロマ、ハーブ、食事、生活環境、植物等を統合した、自然と調和した暮らしを伝えている。

The following two tabs change content below.
及川 三由紀
東京生まれ。 JAAアロマコーディネート協会インストラクター NESセラピープラクティショナー アクセサリー作家 25年間、美容医療施設でエステを担当。 ナチュラル&ハーモニックスクールで、自然と人との調和を学ぶ。 現在、セラピスト、NESプラクティショナーとして、身体の不調和を見ていきながら、「身体と心と自然との調和」をモットーに、心、体、アロマ、ハーブ、食事、生活環境、植物等を統合した、自然と調和した暮らしを伝えている。
及川 三由紀

最新記事 by 及川 三由紀 (全て見る)