東京都港区南麻布、広尾駅徒歩5分

波動測定サロン・アルモニアです。

老化と聞くと


ちょっと…いや、

だいぶ反応する年齢に差し掛かり…

あ、いや。超えて来ており(泣)


あるマダムが


ボヤいていました。

高い高級化粧品を使っても変わらない。

何でよ、ねぇ??


何に氣をつければ?


そうですよね。



目に見えないストレスが

老化を促進しているということがあるのです。



●電磁波
●過度な移動
●感情的ストレス


これらは特に

老化への影響を与えまくります。


それを何とか取り戻そうと

栄養(食事)を必要以上摂るのですが…


これも体が酸化することへの懸念があります。

とりすぎに注意しなければいけません。



酸化=老けの原因

ですからね!



さて、

身体からは微弱なエネルギーが


常に放出されていますが、


その流れが順調であればあるほど

身体も順調。

体調も安定します。


電流はプラスからマイナスに流れているので、


これがプラスに偏ると

酸化が激しくなるという現象が起こります。


そうなると極性がズレて


身体が、地球と

同調できなくなるということです。

自然な状態ではないということ。


思考や感情のゴミもそうですね。

ボディーフィールド(オーラ)

についたゴミを


取り除かなければいけません。

解毒して歪みをなくしていく作業です。


まずはゴミを排除することから。

そう、余計な情報をなくしていくことです。



電磁波や強い高周波においては

日常で便利に生活するには


欠かせないところもあります。

影響を受けざるを得ない環境。



これから5Gの導入が進みますよね。


電磁波は浴び続けると人体への影響が強い。

いや、

恐らく生きとし生けるものに全てにですよね。。



人間のゆっくりとした電気の流れが

それに対応できず

プラス過多になり極性が傾くのです。




と言うことはですね。

過度な移動はどうでしょうか?


例えば、、

新幹線や飛行機。

これから動き出すリニア等。


高速です…。




もともと人間は

何もしなくても地球と同調して、

宇宙からの、

そして自然からのエネルギーを

チャージできていたんですね。


今はどうですか?


靴を履きコンクリートを歩く。

山を削り、森林を減らす。

食べ物は?


空気は?


様々な唯物的事情が


どんどん環境と人を変えてしまいました。




様々な事情に素早く氣付き、

効果的に身体と心をケアしていくことで

健康にもつながり


アンチエイジングにもなる。


予防医学としても


エネルギーセラピーは有効であり、


美容にも!


老化にも!


となるわけです。




エネルギーは

物質レベルではないので

意識を変えるだけでも


「瞬時に」切り替わります。


まずは自分を信用して意識して。


思考もストレスも

同じことが言えますので。


いつまでも物質にとらわれず

気持ちをサッと切り替えられるようにしておきたいものですね。


うん。

やろう、いますぐ。


色んな角度から変えられる気がします。


お肌も、

CMとお高いお化粧に惑わされないよう~(笑)





あ、そうそう

電磁波対策のレメディ、


過度な移動対策レメディ、

細胞若返り、

お肌のトーンアップなどで

オススメのレメディ等もありますので

こちらも合わせてどうぞ~♪


みなさん、

目に見ないものからもの

結界を張りましょう!

及川 三由紀

東京生まれ。

JAAアロマコーディネート協会インストラクター

NESセラピープラクティショナー

アクセサリー作家

25年間、美容医療施設でエステを担当。
ナチュラル&ハーモニックスクールで、自然と人との調和を学ぶ。
現在、セラピスト、NESプラクティショナーとして、身体の不調和を見ていきながら、「身体と心と自然との調和」をモットーに、心、体、アロマ、ハーブ、食事、生活環境、植物等を統合した、自然と調和した暮らしを伝えている。

The following two tabs change content below.
及川 三由紀
東京生まれ。 JAAアロマコーディネート協会インストラクター NESセラピープラクティショナー アクセサリー作家 25年間、美容医療施設でエステを担当。 ナチュラル&ハーモニックスクールで、自然と人との調和を学ぶ。 現在、セラピスト、NESプラクティショナーとして、身体の不調和を見ていきながら、「身体と心と自然との調和」をモットーに、心、体、アロマ、ハーブ、食事、生活環境、植物等を統合した、自然と調和した暮らしを伝えている。
及川 三由紀

最新記事 by 及川 三由紀 (全て見る)